プロラインフリーとは?LINE公式アカウントとの違いを徹底解説(2023年最新)

とうこ(@toko_ouchiworks)です。

 

この記事では、LINE公式アカウントと公式LINE自動集客ツール「プロラインフリー」の違いを画像を使って解説します。

 

\ 今なら4つの無料特典付き

こちらから料金や特典の内容などの詳細を確認することができます

 

LINE公式アカウント(旧:LINE @)とは?

 

LINE公式アカウント(旧:LINE @(ラインアット))は、「企業や店舗、個人事業主、有名人などの方がビジネス用として利用するLINEアカウント」です。

 

LINE公式アカウントを使うことで、友だち追加してくれた人に新サービスの紹介やクーポンの配布、イベント告知など、お得な情報を届けることができます。

 

なお、LINE公式アカウントはビジネス用のLINEアカウントですが、法人向けのサービスではないので、個人でもアカウントを開設することができます。

 

ただし、出会い系や連鎖販売取引(例:ネットワークビジネス、マルチ商法)など、LINE公式アカウントガイドラインに違反する業種・業種・業態、商品・サービスは利用することができません。

 

LINE公式アカウントは、通常のLINEのトーク以外に以下のようなことができます。

 

LINE公式アカウントでできること

  1. メッセージ配信
  2. チャット
  3. リッチメニュー
  4. LIVE ZOOM投稿
  5. クーポン発行
  6. LINEコール(無料通話・ビデオ通話)
  7. レポート機能より引用

 

  • 友だちに自動メッセージを送ることができる
  • 友だちにメッセージを一斉配信することができる
  • 友だちになった人と個別に会話できる
  • 友だちになった人にお店の割引クーポンを発行することができる
  • LINEの画面下にリッチメニューを設置することができる

 

公式LINEアカウントには、必要最低限の機能しかついていないため、できることに制約があります。

 

そこで登場するのが「プロラインフリー」です。

 

プロラインフリーとは何か

プロラインフリーの管理画面

プロラインフリー(旧:オートSNS)」とは、LINE公式アカウントだけではできない機能をグレードアップすることができる、高性能なツールです。

 

LINE公式アカウントとプロラインフリーを連携することで、以下のようなことができるようになります。

 

とうこ
公式LINEアカウントにプロラインフリーを連携すると、無料でこんなことができるようになるんです。すごいですよね。

 

公式LINEアカウントとプロラインフリーを連携することで、以下の機能を追加する(拡張する)ことができます。

 

プロラインフリーでできること

  1. チャット
  2. 属性タグ
  3. グラフ表示
  4. メッセージ配信(絞り込み配信)
  5. キーワード応答
  6. シナリオ別リッチメニュー
  7. 登録フォーム
  8. コンテンツページ・LP(ランディングページ)
  9. 決済連携
  10. メディアライブラリ(画像・動画など)
  11. タイマー付きチケット など

 

  • 友だち追加した人のLINEアカウント画像やアカウント名がわかる
  • 友だち追加した人にお店の割引クーポンを発行する
  • キーワード応答
  • LINEの画面下にリッチメニューを1つ1つのメッセージで変更可能(テンプレートも多数あり)
  • LINEステップ配信(秒単位で設定可能)
  • ステップシナリオをメッセージごとに移動可能
  • LINE公式アカウントとオンライン決済システムを連携可能
  • LINE公式アカウントを複数運用可能()
  • アンケートフォームや申し込みフォーム作成
  • 顧客を属性タグで管理することができる
  • 顧客の属性ごとにメッセージを配信(=セグメント配信)
  • カウントタイマーつきチケット・コンテンツページの作成
  • 会員サイトの作成(パスワードの設定・アクセス制限可能)
  • ランディングページ(LP)の作成
  • URLのクリック計測 など
とうこ
なんだかたくさんあってわけがわからなくなってしまいますよね…

プロラインフリーでは、これらのすべての機能を無料で使うことができます。

 

言い換えると、有料の公式LINE自動集客ツールでできることは、プロラインフリーの無料プランでもほぼすべてできます。

 

>>プロラインフリーの最新情報はこちら

 

LINE公式アカウントとプロラインフリーの違い

 

ここからは、LINE公式アカウントとプロラインフリーの違いについて詳しく解説します。

 

LINE公式アカウントとプロラインフリーの違い

  • ステップ配信・シナリオ移動が自由自在に設定可能
  • 友だち追加した直後に個別でやりとりができる
  • メッセージ別にリッチメニューを切り変えることができる
  • LP(ランディングページ)を作成することできる
  • 登録フォーム(アンケート)を作ることができる

 

ステップ配信・シナリオ移動が自由自在に設定可能

プロラインフリーでは、通常のLINE公式アカウントではできない、ステップ配信やシナリオ移動が秒単位で細かく設定ができるので、顧客の反応率が激増します。

 

友だち追加した直後に個別でやりとりができる

通常のLINE公式アカウントでは、相手から連絡をもらうまでは、チャットに「顔写真」や「名前」は表示されません。

 

しかし、プロラインフリーでは、友だち追加した全員の「顔写真」と「名前」を見ながら、「チャットでこちらから話しかける」ことが可能です。

 

メッセージ別にリッチメニューを切り変えることができる

プロラインフリーを使うと、メッセージ別にリッチメニューを切り変えることができます。

 

リッチメニューを切り替えるアクション

  • シナリオ登録した時
  • メッセージを送った時
  • リッチメニューをタップした時(例:「無料コンテンツ」というリッチメニューをクリックする)
  • キーワード応答をした時(例:「男性」のボタンに『#男性』というキーワードを設定する)

 

友だちの反応に合わせてリッチメニューを変えることにより、より友だちに寄り添ったメニューを選択させることができるので、顧客満足度を高めたり、成約率をあげることができます。

 

また、他ツールとの違いとして特徴的なのが、プロラインフリーは「シナリオ別リッチメニュー」がフリープランでも使い放題なことです。

 

他ツールでは「シナリオ別リッチメニュー」などの通常月額2万円はするような機能がフリープランで使い放題です。そして、フリープランの機能制限がほぼありません。

 

ランディングページ(LP)を作ることできる

ランディングページ(LP:Landing Page)とは「検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページ」のことです。
LPは、会社案内や商品紹介ページ、サービスの概要をまとめたページ、無料プレゼントの配布ページなどを作ることができ、簡単なホームページの役割も果たします。
とうこ
LINEに着目すると、LPは「友だち追加をうながす(誘導する)ページ」の役割も果たします
プロラインフリーのLP作成では、以下のような要素があります。

プロラインフリーのLP作成で使える要素

  1. カウントダウンタイマー:ページにカウントダウンタイマーを設置する機能
  2. 万能エディタ:文字や画像を挿入する機能
  3. 自作動画orYouTube:自作の動画やYouTubeを埋め込む機能
  4. フォーム:「登録フォーム(アンケート)」の機能で作成したフォームを埋め込む機能
  5. 決済ボタン:「決済連携(決済と同時にシナリオ移動)」の機能で作成した決済ボタンを埋め込む機能
  6. パスワード:ページにパスワードを設定(追加)する機能
  7. アクセス制限(会員サイト):特定の条件を満たした人だけが見られる制限を設定(追加)する機能
  8. シナリオ移動:ページを表示した人をシナリオ分岐する機能
  9. その他:音声・JavaScript・CSS・背景色が追加できる機能

プロラインフリーでは、サーバー代無料でLPを作成することができます。しかも、作成数は無制限です。

 

プロラインフリーのLP作成ページでは、目的別のテンプレートが用意されているので、LP作成が初めての方でも簡単に作ることができます。

 

また、登録した友だちだけに公開する「友だち専用」、誰にでも公開できる「外部公開ページ」などを作成することもできます。

登録フォーム(アンケート)を作ることができる

プロラインフリーには、登録フォーム(アンケート)作成機能があり、友だちに対して性別や年代、現在の悩みなどのアンケートを簡単に作ることができます。

 

アンケートを利用することで、友だち登録した最初の段階でアクション(反応)をもらうことができます。

 

また、アンケートの回答内容(収集した情報)によって配信内容を変更することができるので、顧客満足度やオファー成約率を高めることができます。

 

アンケート作成で使える内容(形式)

  1. フリー項目:フリー回答、感想や意見、問合せなど
  2. ラジオボタン:選択肢から1つだけを回答させる場合
  3. チェックボックス:複数の選択肢で回答させる場合
  4. プルダウン:こちらが設定したリストの中から選択させる
  5. 月日:月と日をそれぞれ設定させる
  6. 年月日(カレンダー):カレンダー表示内から特定の日時を選択
  7. 年月日:年と月と日をそれぞれ設定させる
  8. 電話番号:電話番号を入力させる
  9. パスワード:パスワードの設定をさせる
  10. 非表示項目
  11. 年齢:年齢を入力させる
  12. 性別:男性、女性を選択させる
  13. メルアド形式:メールアドレスを入力してもらう機能
    登録フォーム(アンケート)を設定して、お友だちからレスポンスをもらえる環境を作っていこう | プロラインフリーオンラインマニュアル より引用

 

>>プロラインフリーの最新情報はこちら

 

LINE公式アカウントと一緒にプロラインフリーを利用した方がいい人

ここまで、LINE公式アカウントとプロラインフリーの違いについて解説しました。

 

最後に「LINE公式アカウントと一緒にプロラインフリーを利用した方がいい人」について解説します。

 

LINE公式アカウントと一緒にプロラインフリーを利用した方がいい人

  • LINEの配信コストを抑えたい人
  • テンプレートを使ってメッセージを作成したい人
  • ツールすべてを1つで管理したい人

 

LINE公式アカウントの配信コストを抑えたい人

LINE公式アカウントの利用料は「メッセージ通数」で料金プランが変わります。

料金プラン フリープラン ライトプラン スタンダードプラン
LINE公式アカウント
利用料(月額)
0円 5,500円(税込) 16,500円(税込)
無料メッセージ通数 〜1,000通 1,001〜15,000通 15,001〜45,000通
追加メッセージ料金
(税別)
不可 5円 1.1円〜3円
(料金の詳細はこちら

 

LINE公式アカウントは、ひと月1,000通までメッセージを無料で利用することができます。しかし、ひと月に1,001通以上送る場合は、有料プランに変更しないとメッセージを送ることができなくなります。

 

つまり、友だち数が増えてメッセージ配信数が多くなる(ひと月に1,001通以上送る)と利用料がかかるようになります。

 

また、プロラインフリーなどのLINE自動化ツールを使うと、LINE公式アカウントの利用料のほかに、LINE自動化ツールの利用料が別途かかります。

 

LINE公式アカウントの配信料=LINEアカウントの利用料+LINE自動化ツールの利用料

 

LINE自動化ツールはいろいろなものがありますが、プロラインフリーは、ステップ配信数以外課金しないシステムなので、フリープラン(無料プラン)でもメッセージ送信数無制限かつ全機能を使うことができます。

 

他社ツールでは、毎月1,000通を超える場合は月額2万円以上毎月45,000通を超えると月額8万円以上というツールもある中、プロラインフリーは、フリープランでも無制限なので、フリープランで月100万通送っても無料のまま利用することができます。さらに、配信通数が無制限です。

 

プロラインフリーはフリープランでも機能制限がなく、細かな設定や多彩な機能を使うことができるので、むやみやたらにメッセージを送る必要がなくなります。

 

つまり、必要な人だけに必要な分だけメッセージを送ることで配信数を減らすことができるだけでなく、メッセージ送信数無制限(ステップ数10まで)なので、結果として配信コストを抑えることができます。

 

プロラインフリー 料金表
プロラインフリー料金表
プロラインフリー機能一覧表

 

テンプレートを使ってメッセージを作成したい人

プロラインフリーでは、LINE公式アカウントを初めて使う人やステップ配信が初めてでどのようなメッセージを送ってよいのかわからない人のために、テンプレートを用意しています。

 

テンプレートには、ステップ数や目的別に「このメッセージ(シナリオ)ではどのようなことを伝えればよいか」が書かれています。

 

このテンプレートを見て、あなたの目的にあったメッセージを入力することで、初心者の方でもステップ配信シナリオを作成することができます。

 

ツールすべてを1つで管理したい人

プロラインフリーの「コンテンツページ・LP機能」を使うと、レンタルサーバーやドメイン契約をすることなく、会社紹介や商品販売ページ、ホームページなどのWebページを作ることができます。

 

また、プロラインフリーでは、「決済連携機能」を使うと、お友だち宛てに決済リンクを送って料金を徴収することができます。

 

また、PayPal(ペイパル)やSkipe(スカイプ)に対応しており、フォームとの連携も可能で、フォームを送信してから決済サイトに移動することも可能です。

 

ですので、プロラインフリーを使うと、LINE公式アカウントを使ってお友だちによりよい価値を提供できるページ作成や決済連携などの機能を1つで管理することができます。

 

まとめ:LINE公式アカウントと一緒にプロラインフリーを利用しよう

プロラインフリーは、LINE公式アカウントだけではできない機能をグレードアップすることができる、高性能なツールです。

 

LINE公式アカウントは、一定のメッセージ送信数(ひと月に1,000通)を超えると、有料プランに変更しないとメッセージを送ることができなくなります。

 

しかし、プロラインフリーはフリープランでも機能制限がなく、細かな設定や多彩な機能を使うことができるので、、必要な人だけに必要な分だけメッセージを送ることで配信数を減らすことができ、結果として配信コストを抑えることができます。

 

・LINE公式アカウントを使ってみたい

・効率よく集客したい

・集客方法をメルマガからLINEに変更したい

 

という方は、ぜひ、公式LINEアカウントにプロラインフリーをセットで使ってみてくださいね。

 

\ 今なら4つの無料特典付き

こちらから料金や特典の内容などの詳細を確認することができます